タグブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神津島のハードな旅

<<   作成日時 : 2006/08/15 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夏休みの締めくくりとして神津島に行ってきた。
いきなり「締めくくり」の記事だけれど、夏休みは三宅島の三本岳ダイビングと、神子元花火大会が中止になって、熱海ダイビング&東海汽船の納涼船と東海汽船三昧の1週間だった。1週間に2回東海汽船に乗ったことはあるけれど、3回は初めてだ。


今回はダイビングではなくて、「島旅」が目的。良く分からない目的と思われるが適当に島で酒を飲んで、海に入って、島を歩いてというのが目的の旅だ。
そんなわけでのんびりが主目的であることが多い島旅なんだが、今回はハードだった。金曜日の夜出発で月曜日帰りの島内2泊の旅だったのだが、合宿のようにハードな旅だった。

まずは出発日。久しぶりに2等席なし券。知らない人もいると思うが、東海汽船は来る人は拒まず(?)で席が無くても乗れる。今回はもろにお盆シーズンの旅で行こうと思いついたのが2,3週間前だったので、席が取れなかったのだ。だから寝床は甲板の上。結構早めに竹芝桟橋に集合してAデッキのまぁまぁ良い場所を確保。思ったとおりデッキは席なし券の人であふれていた。
寝る場所は確保できたので、いつもの通りデッキで宴会を開始。同じ船にダイビングショップの仲間が新島からウドネという秘境ダイビングに行くために乗っていた。その人たちはもちろん「2等席あり」。ああ、うらやましい。そっちの宴会にもちょっと参加。船旅の定番どおり酔いつぶれて就寝。

翌日の朝9時ぐらいに神津島へ到着。ううっ、二日酔いだ・・・。船酔いじゃなく明らかに二日酔いだ。重いザックを背負って歩くのが辛い・・・。ヘロヘロになりながらキャンプ場に到着。
今日は天上山に登る予定だが、この気持ち悪い状態で登れるのか?と自問自答していたが頭から水を浴びてちょっと休憩したら復活してきた。何とか行けそう。
天上山は600m弱でそんなに高い山ではないのだが、真夏に登るもんじゃないな。ともかく暑くて辛かった。二日酔いのアルコールが汗と共にどんどん流れ出す。脱水症状にならないように小まめに水分を取ったけれど、2Lぐらい汗をかいた気がする。
本格的な登山に比べれば楽だったけれど二日酔いの体にはなかなかハードな一日だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神津島のハードな旅 タグブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる